総合トップへ
   ホーム  >  税金  >  軽自動車税(環境性能割)について

税金


軽自動車税(環境性能割)について

最終更新日 [2021年6月28日]  

軽自動車税(環境性能割)

税制改正により、令和元年(2019年)10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、新たに「環境性能割」が導入されました。環境性能割は、新車・中古車を問わず取得価格が50万円を超える車両に対して課税されます。軽自動車分の環境性能割は町税となりますが、当分の間は県が賦課徴収を行います。

なお、この改正に伴い、従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更となりますが、税率等の変更はありません。


区分 税率
自家用 営業用
 電気自動車・天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制10%以上低減) 非課税 非課税
 ガソリン車・ハイブリッド車 乗用 2030年度燃費基準75%達成※
貨物 2015年度燃費基準+25%達成
乗用 2030年度燃費基準60%達成※ 1% 0.50%
貨物 2015年度燃費基準+20%達成
乗用 2030年度燃費基準55%達成 2% 1%
貨物 2015年度燃費基準+15%達成
 上記以外 2%
令和2年度燃費基準を達成しているものに限る。
(注)ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成30年排出ガス規制50%低減又は平成17年排出ガス規制75%低減達成車(★★★★)に限る。

軽自動車税(環境性能割) の臨時的軽減

軽自動車税(環境性能割)の臨時的軽減として、令和元年(2019年)10月1日から令和3年(2021年)12月31日までの間に自家用の乗用車を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。


区分

通常の税率

臨時的軽減後の税率

 電気自動車・天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制10%以上低減)

非課税

非課税

 ガソリン車・ハイブリッド車

 2030年度燃費基準75%達成

 2030年度燃費基準60%達成

1%

非課税

 上記以外

2%

1%

令和2年度燃費基準を達成しているものに限る。

(注)ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成30年排出ガス規制50%低減又は平成17年排出ガス規制75%低減達成車(★★★★)に限る。


関連情報


この情報に関するお問い合わせは
与論町税務課
電話:0997-97-3111
ファックス:0997-97-4196
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花1418-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4196 kikaku(アット)yoron.jp