総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [介護]  >  国民年金の種類

保険・年金


国民年金の種類

最終更新日 [2011年8月30日]  

国民年金では、すべての国民に共通する給付として、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金があります。また、国民年金の独自給付として、付加年金、寡婦年金、死亡一時金などがあります。

 

すべての人に共通する給付

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、保険料を納めた期間と、免除された期間を合わせて25年以上ある人が、65歳に達したときに支給されます。

<詳細>

障害基礎年金

国民年金に加入している方が、病気やケガで障害になったときに支給されます。(障害の程度や納付用件があります。)

<詳細>

遺族基礎年金

国民年金加入者や、老齢基礎年金を受ける資格のある者が死亡したとき、扶養されていた子がある妻、または子に支給します。

<詳細>

 

第1号被保険者の独自給付

寡婦年金

第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が死亡した時支給されます。

 

<詳細>

死亡一時金

第1号被保険者で保険料を3年以上納めた方が年金を受けないで死亡したときに生計をともにしていた遺族に支給されます。

<詳細>

付加年金

第1号被保険者で、付加保険料を納めた方に、老齢基礎年金と併せて支給します。

 

 

<詳細>

脱退一時金

第1号被保険者として保険料を6ヶ月以上納めた外国人の方が、受給資格期間を満たす前に海外に移住または帰国したとき。

<詳細>

 

そのほかの制度

老齢福祉年金

国民年金制度は創設された当時、年齢的に適用されなかった人、また創設当時保険料を納めた期間が必要な期間を満たすことのできなかった人に対して支給されます。

<詳細>

特別障害給付金

国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障害者の方について福祉的措置として創設された制度。 

<詳細>

 

この情報に関するお問い合わせは
与論町町民福祉課
電話:0997-97-4930
ファックス:0997-97-4197
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp