総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [働く]  >  トラクターの事故が多発しています!

産業


トラクターの事故が多発しています!

最終更新日 [2009年8月24日]  

 

最近、鹿児島県内で農業用トラクターの死亡事故が多発しています。「慣れているから大丈夫!」といった気のゆるみが重大な事故につながります。トラクターをお持ちのみなさまは、運転する前にもう一度安全対策について確認して、安全作業をこころがけましょう。

 

〈特に注意すること〉

・運転中は安全フレームを立て、シートベルトを着用しましょう。

・左右独立ブレーキがある機械は、道路走行時は必ず左右のブレーキペダルを連結し、前輪倍速装置がある場合は解除しましょう。

・下り坂でクラッチを切ったり、変速を中立にしての惰性走行はやめましょう。

・危険を伴う狭い道路やほ場、急な坂道等では安全確認をし、無理な運転は避けましょう。また道路の路肩や畦畔部は崩落しやすいので注意しましょう。

・段差や角度のあるほ場への出入りや畦の乗り越えは直角に行いましょう。

・高速走行時の急な発進・旋回・停止はしないこと。重い作業機をつけている場合や凸凹の激しい路面などでは速度を落しましょう。

・わき見・手放し運転は絶対にやめましょう。

・駐車等で機体を離れる時には、平坦地を選び、昇降部を

下げ、エンジンを停止し、駐車ブレーキをかけましょう。

 

〈リンク〉

農業用機械の事故防止について(鹿児島県ホームページ)

添付資料 農業機械に必要な免許、知ってますか? 新しいウィンドウで表示(PDF:1.29メガバイト)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp