総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [病気]  >  高齢受給者証について

保険・年金


高齢受給者証について

最終更新日 [2009年10月27日]  

高齢受給者証とは?

70歳になると、自己負担割合や自己負担限度額が変わります。
70歳になった翌月から長寿(後期高齢者)医療制度の適用を受けるまでの間、高齢受給者証の対象となります。
また、この高齢受給者証には、医療機関での自己負担割合が明記されていますので、お医者さんにかかるときには、高齢受給者証と保険証の両方を提示してください。

 

高齢受給者証の手続きについて

70歳の誕生日を迎えられる方へは、高齢受給者に該当する前月に更新手続きの通知をさせていただきますので、国保窓口にて手続きをお願いします。

 

<手続きに必要なもの>
(1)世帯主の印鑑
(2)保険証

 

 

この情報に関するお問い合わせは
与論町町民福祉課
電話:0997-97-4930
ファックス:0997-97-4197
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp