総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [妊娠]  >  児童扶養手当

福祉


児童扶養手当

最終更新日 [2016年4月1日]  

児童扶養手当

 父母の離婚などで父又は母と生計を同じくしていない児童(父又は母が重度の障害にある場合を含む)父又は、母に代わって、その児童を養育している方に対して手当てを支給する制度です。
(※1…18歳に達する日以後、最初の3月31日までのもの)

1.児童扶養手当を受けることができる人

 

 次のいずれかに該当する児童を養育するもの
(1)父母が婚姻を解消した児童
(2)父又は母が死亡した児童
(3)父又は母が法に定める障害の状態(年金の障害等級の一級程度)にある児童
(4)父又は母の生死が明らかでない児童
(5)父又は母から一年以上遺棄されている児童
(6)父又は母が法令により引き続き一年以上拘禁されている児童
(7)父又は母が婚姻によらないで懐胎した児童(父から認知された児童も含む)


※ただし、次のいずれかに該当するときは、この手当は支給されません。
 1)対象児童が里親に委託されたり、児童福祉施設(母子寮、保育所、通園施設を除く)に

      入所しているとき。
 
 2)手当を受けようとする父又は母が、結婚の届け出はしていないが、事実上婚姻状態にあるとき
 3)その他

2.手当を受ける手続き

 

 手当を受けようとする人の請求に基づいて支給しますので、住所地の役場へ、

次の書類を添えて請求の手続きをして下さい。
《添付書類》
(1)請求者および対象児童の戸籍謄本(外国人の方は登録済証明書)
(2)世帯全員の住民票謄本
(3)印かん、その他必要な書類

3. 手当の支払

 

 手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給され、12月、4月、8月(各月とも11日)の3回、支払い月の前月までの分が希望する金融機関の口座に振り込まれます。

4. 手当の額(平成28年4月分~)


支給対象児童1人の場合   月額42,330~9,990 円
●対象児童2人の場合、5,000円加算され、以下対象児童1人増すごとに3,000円ずつ加算されます。


 ただし、請求者本人及び養育者の所得額に応じて、手当の一部又は全部が支給停止になる場合があります。
※受給者の消滅事由(婚姻など)が発生した場合は、速やかに届け出をしてください。

 届け出がないと返還金が発生する場合があります。

 

 

5. 現況届について

 

 児童扶養手当の受給資格者(所得制限による全部支給停止者の方も含みます。)は、毎年、8月1日から8月31日までの間に「現況届」を提出しなければなりません。

 この届は、受給要件を引き続き満たしているかの確認と8月分からの手当の支給額を決定するための大切なものです。

 なお、現況届が提出されないと、8月分以降の支給が差し止められます。2年間提出がない場合は受給権が消滅し、手当の請求ができなくなります。

 

※詳しくは、役場町民福祉課児童福祉係(直通97-4930)までお問い合わせ下さい。

 

この情報に関するお問い合わせは
与論町町民福祉課
電話:0997-97-4930
ファックス:0997-97-4197
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp