総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [死亡]  >  肝臓機能障害による身体障害者手帳交付について

お知らせ


肝臓機能障害による身体障害者手帳交付について

最終更新日 [2015年1月15日]  

平成22年度4月から肝臓機能障害による身体障害者手帳が交付されます。

【対象者】

・認定基準に該当する肝臓機能障害のある方

・肝臓移植を受け、抗免疫療法を実施している方

 

【手続き】

・申請書、診断書、写真(たて4cm×よこ3cm)を役場町民福祉課に提出してください。

※診断書は、身体障害者手帳指定医が作成したものに限ります。

 

【認定基準】

主として肝臓機能障害の重症度分類である、Child-Pugh分類によって判定します。

3ヶ月以上グレードCに該当する方が、概ね身体障害者手帳の交付対象となります。

ただし、診断前の6ヶ月間にアルコールを摂取している方等は対象とはなりません。

※Child-Pugh分類

 肝性脳症、腹水、血清アルブミン値、プロトロンビン時間、血清総ビリルビン値によって肝臓機能障害の重症度を評価します。

 

詳しい手続き方法や認定基準の内容、指定医のいる医療機関などについては、町民福祉課までお問い合わせください。

この情報に関するお問い合わせは
与論町町民福祉課
電話:0997-97-4930
ファックス:0997-97-4197
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp