総合トップへ
   ホーム  >  環境  >  アンカーの投げ入れによるサンゴ被害の防止にご協力を!

環境


アンカーの投げ入れによるサンゴ被害の防止にご協力を!

最終更新日 [2013年8月8日]  

ウドノスビーチ沖のサンゴ郡落とアンカー被害

 与論島のサンゴ礁は、過去にオニヒトデや白化現象により壊滅的な被害を受け、その回復が遅れていましたが、ここ数年少しずつ蘇ってきています。

 しかし最近、サンゴの上にボートからアンカーが投げ入れられたことによる被害が時々見られるようになってきました。

サンゴが減ってしまうと、そこに住む魚や貝などの生き物たちも少なくなってしまいます。

サンゴがある場所でアンカーを打つ時は、サンゴを避けて周りの砂地や岩場の上に落とすようにしましょう。

 

 与論島の美しいサンゴ礁をいつもまでも!

この情報に関するお問い合わせは
与論町環境課/ヨロンの海サンゴ礁再生協議会
電話:0997-97-4712
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp