総合トップへ
   ホーム  >  環境  >  野良猫について

環境


野良猫について

最終更新日 [2015年5月29日]  

 野良猫に関する苦情が多く寄せられています。

野良猫を捕獲して欲しいという要望もありますが、野良猫は捕獲することができないため、お断りしております。

 

野良猫を減らすためには、以下のことが重要です。

 

○飼い猫を捨てない

 飼い主には一度動物を飼い始めたら、最後まで面倒を見なければならない義務があります。

 どうしても育てられなくなった場合は、自分で新たな飼い主を探して下さい。

 役場で引き取ってほしいという相談を受けることありますが、特殊な場合を除き基本的にはお断りしています。

 

○飼い猫に避妊・去勢手術を受けさせる

 猫は一般的に、一回の出産で2~6匹の子猫を産みます。

 飼い猫に避妊・去勢手術を受けさせ、子猫を産まないようにしておけば、飼い猫が増えすぎて育てられないと言った事態を防げます。

 一度、獣医師の先生にご相談されて下さい。

 

 野良猫を減らすには、時間がかかります。

町民の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

この情報に関するお問い合わせは
与論町環境課
電話:0997-97-4712
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp