総合トップへ
   ホーム  >  くらし  >  ふるさと納税の控除手続き(確定申告)について

くらし


ふるさと納税の控除手続き(確定申告)について

最終更新日 [2015年8月10日]  

 

 地方公共団体(都道府県・市町村・特別区)に対して個人が2,000円以上の寄附を行ったときに、控除手続き(確定申告)を行なえば、その2,000円を超える部分が、「その年の所得税」及び「翌年度の個人住民税」の税額から差し引かれます。 1月~12月に行った寄附分について、翌年の確定申告の期間内に、最寄りの税務署等で確定申告を行ってください。  ※控除対象となる額には限度額があります。限度額は所得や家族構成によって異なります。

 

1.寄附金の受領証明書を準備 

     1月~12月に行った寄附分の受領証明書

             ↓     

2.確定申告を行う  

  翌年度の確定申告期間中(2月~3月) 最寄りの税務署等で確定申告

  ※確定申告の際、寄附金受領証明書 の添付が必要になります。  

 

             ↓               

3.控除      

   所得税より還付(控除) 次年度の住民税から控除 

                                                            

   ※詳しくは、お住まいの市区町村の、税担当窓口にお問い合わせください。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp