総合トップへ
   ホーム  >  くらし  >  水道課からのお願い

くらし


水道課からのお願い

最終更新日 [2010年6月2日]  

漏水調査について

 貴重な水資源の有効活用を図るために、昼間の戸別音聴調査及び深夜の路上漏水調査を実施しています。漏水調査がスムーズにできるよう皆様のご理解とご協力をお願いします。

【漏水調査の方法】

1.調査業務は、水道課職員及び委託業者(水道指定工事店)が行います。

2.調査は路上を中心に行いますが、各家庭のメーター器のところまでが対象であるため場合によっては宅地内に立ち入ることがあります。

3.宅地内に立ち入る場合は、事前にお知らせした後に作業を行いますが、不審に思われたときは水道課までお問い合わせください。

4.この作業で、皆様の建物内に立ち入ることはありません。

5.調査員は、特殊な漏水調査用機器(細長い金属棒や漏水探知機など)を使って調査を行っています。

 

水道メーターの取替作業について

 計量法に基づき、検定を受けてから8年を経過する水道メーターは取り替えなければならないことが義務づけられており、毎年取替作業を実施しています。また、迅速な取替作業、検針業務を行うために、地下式から地上立上式に随時移行しております。適正な使用水量が算定できるよう、水道メーターの取替作業に対する皆様のご理解とご協力をお願いします。

【取替作業の方法】

1.取替作業は、水道課臨時作業員が行います。

2.作業は、各家庭のメーター器が対象になるため、宅地内に立ち入ります。

3.宅地内に立ち入る場合は、事前にお知らせした後に作業を行いますが、不審に思われたときは水道課までお問い合わせください。

4.この作業で、皆様の建物内に立ち入ることはありません。

 

 

井戸と水道の両方をお使いの方へ

 あなたのご家庭、事業所の配管は大丈夫ですか!

 水道法第16条(給水装置の構造及び材質)及び同施行令第5条では、上水道と井戸水等との配管接続(クロスコネクション)は禁止されています。

 これは、上水道と井戸水等を接続することにより井戸水が水道管へ逆流する等、水質汚染につながることになりますので、現在配管直接連結になっているご家庭、事業所の方は、早急に改善してください。また、連結しないようお願いします。

 

 

【水道法抜粋】

水道法第16条(給水装置の構造及び材質)

水道事業者は、当該水道によって水の供給を受ける者の給水装置の構造及び材質が、政令で定める基準に適合していないときは、供給規定の定めるところにより、その者の給水契約の申し込みを拒み、又はその者が給水装置を基準に適合させるまでの間、その者に対する給水を停止することができる。

 

施行令第5条(給水装置の構造及び材質の基準)

法第16条の規定による給水装置の構造及び材質は、次のとおりとする。

一 配水管への取付口の位置は、他の給水装置の取付口から三十センチメートル以上離れていること。

二 配水管への取付口における給水管の口径は、当該給水装置による水の使用量に比し、著しく過大でないこと。

三 配水管の水圧に影響を及ぼすおそれのあるポンプに直接連絡されていないこと。

四 水圧、土圧その他の過重に対して充分な耐力を有し、かつ、水が汚染され、又は漏れるおそれがないものであること。

五 凍結、破壊、侵食等を防止するための適当な措置が講ぜられていること。

六 当該給水装置以外の水管その他の設備に直接連結されていないこと。

七 水槽、プール、流しその他水を入れ、又は受ける器具、施設等に給水する給水装置にあっては、水の逆流を防止するための適当な措置が講ぜられていること。

 

 

【与論町水道事業給水条例抜粋】

施行規程第7条(給水管及び給水用具の指定)

条例第8条の規定に基づく構造及び材質の指定は、次の基準により行う。

(1)配水管への取水口位置は、他の給水装置の取水口から30センチメートル以上離れていること。

(2)配水管への取水口における給水管口径は、当該給水装置による水の使用量に比し、著しく過大でないこと。

(3)配水管の水圧に影響を及ぼすおそれのあるポンプに直接連絡されていないこと。

(4)水圧、土圧、その他の過重に対して充分な耐力を有し、かつ、水が汚染され、又は漏れるおそれがないものであること。

(5)破損、侵食等を防止するための適当な措置が講ぜられていること。

(6)当該給水装置以外の水管その他の設備に直接連結されていないこと。(7)水槽、プール、流し、その他水を入れ、又は受ける器具、施設等に給水する給水装置にあっては、水の逆流を防止するための適当な措置が講ぜられていること。

 

電気透析装置

 

 

この情報に関するお問い合わせは
与論町水道課
電話:0997-97-4994
ファックス:0997-97-4305
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp