総合トップへ
   ホーム  >  お知らせ  >  ヨロンマリンカップ2016優勝チームへのビーチ命名権について

お知らせ


ヨロンマリンカップ2016優勝チームへのビーチ命名権について

最終更新日 [2016年11月15日]  

与論町民・与論町出身者・ヨロン島ファンの皆様へ

 

【ヨロンマリンカップ2016】優勝チームへのビーチ命名権について

 

平素より、皆様方におかれましては与論町の観光振興に対し、格別なるご配慮を賜りまして厚く感謝申し上げます。

さて、東京MXテレビの特番企画として、98日与論島の船倉海岸において【ヨロンマリンカップ2016】の開催・収録を行い、9月25日(日)と10月2日(日)の14301500の2週連続で、首都圏で放映されました。

ロケ当日の後夜祭は、悪天候のため途中中止となってしまいましたが、出演チーム3組の事務所のご配慮で、10月16日東京の秋葉原で完全再現ライブを開催して頂き、ラインライブ動画配信され、多くの方々にご覧になって頂きました。

そして、12月3日にはテーマ曲【Come On,Marine Cup! 】がCD販売されることになり、Amazonでも購入出来るようになりました。

これも偏に、皆様方、企業・スポンサー・出演者・スタッフ・ボランティアの方々のご理解とご協力の賜物だと、厚く御礼申し上げます。

そのような中で、優勝チームへのビーチ命名権を授与する形で、ネットや番組上では放映させて頂きましたが、多くの方々からご意見ご指摘を頂きました。

番組制作に当たっては、リオオリンピックに負けない話題性のあるものをということで、テレビ制作会社担当者と内容について何度も協議を行い、与論島の魅力が最大限に伝わるもの、インパクトがあるものとして、バラエティー番組のパロディーとして金メダルの代わりにビーチ命名権を授与する形で放映致しました。実際は、古来からの海岸の固有名称自体を変えることは出来ないので、命名したビーチ名の看板を制作し期限を定めて設置するということで、制作会社・出演者事務所側には了解を得ております。今回の企画自体は、単発的なものでありましたが、番組放映後の反響も大きく、与論島の宣伝効果として大いに成果を得られたと考えております。

しかしながら、番組放映やイベント等への影響を考えすぐには情報公開をせず、皆様方への報告が遅れたことに対し、深くお詫び申し上げます。

また、看板設置に際しては、景観に考慮し設置から1年間の期限を決めて行います。

今後の予定と致しましては、看板の制作及び関係機関へ看板設置許可申請を行い、許可が降りた後に設置作業となりますので、設置完了予定日は年末から1月初旬頃を予定しております。

ご心配をお掛け致しましたが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

                     与論町役場商工観光課

               課 長 山下 哲博

               テレビ番組誘致・企画立案担当

               係 長 大馬 福徳


この情報に関するお問い合わせは
与論町商工観光課
電話:0997-97-4902
ファックス:0997-97-4610
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp