総合トップへ
   ホーム  >  お知らせ  >  ヨロン島サンゴ礁基金のしくみ

お知らせ


ヨロン島サンゴ礁基金のしくみ

最終更新日 [2017年2月1日]  

ふるさと納税制度とは?

 この制度は、「生まれ故郷」や「かつて住んでいた、又は訪れたことがあり、ゆかりのある地」など応援したいと思う自治体に寄附することで、地方を元気づけ、応援できる制度です。

ヨロン島サンゴ礁基金とは?

 これまで先人たちが育んできた歴史を基礎に、本島の豊かな自然環境・地域資源の保全や文化・芸能の伝承等を図るため「ヨロン島サンゴ礁基金」を設立しました。
 ふるさとへの熱い想いをお持ちの与論島出身者や与論島ファンの皆様の寄附を通じた住民参加型の地方自治を実現し、個性あるまちづくりに資することを目的としております。

 寄附金については、いわゆる「ふるさと納税」により寄附された方の課税所得等に応じて個人住民税等の軽減を受けることができます。

 

【寄附金の活用方法】

~皆様からいただいた善意は、次の事業において大切に活用させていただきます~


 (1) サンゴ礁と共生する環境保全に関する事業
 (2) ヨロンマラソン大会の運営に関する事業
 (3) 与論十五夜踊りの保存に関する事業
 (4) 離島の振興に関する事業


 ※指定がない場合は、条例により町長が使途の選択を行うことになります。

 

 

 

 

納付方法

最終更新日 [2015年8月6日]  

 

 

【ヨロン島サンゴ礁基金 手続きの流れ】

 

 

 

(1)寄付のお申し込み

寄付申込書」に必要事項をご記入の上、与論町へお送りください。

(郵送・FAX・E-Mail・窓口へ直接持ち込みなど)

こちらの「サンゴ礁基金申込みフォーム」から、直接申し込むこともできます。

 

   添付資料 寄付申請書(word版) 新しいウィンドウで表示(ワード:32キロバイト)

 

(2)ご案内状のお届け

与論町から、お振込先のご案内を郵送にてお送りします。

 

(3)寄付金のお振込

ご案内した口座へ、お振込をお願いします。

 

(4)寄付金領収証のお受け取り

寄付をされたみなさまへ、与論町から領収証を発行します。

 

(5)確定申告等による税の軽減手続き

最寄りの税務署で所得税の確定申告を行うことで、所得税の還付(又は控除)と、翌年度の個人住民税の税額控除(軽減)を受ける事ができます。

具体的な軽減額は、それぞれの方の所得や家族構成、寄付額によって異なります。

 

 

寄付金の額

一口5,000円を基本として何口でも受け付けています。
5,000円以下の金額でも受け付けます。

この情報に関するお問い合わせは
与論町総務企画課
電話:0997-97-3111
ファックス:0997-97-4197
メール メール 


 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp