与論町教育委員会
   与論町教育委員会TOP  >  文化財  >  大道那太遺物

文化財

大道那太遺物

2014年2月1日(土)

大道那太遺物 大道那太遺物 那太が生活していた屋敷(母屋)や生活用具(着物入れ、ヒツ、刀入れ箱)

大道那太遺物<高倉> (写真左上)

那太が建築した倉で、母屋とほとんど同年代のもので、老朽化がひどく、修繕復元の問題が課せられている。

 

大道那太遺物<力石> (写真右上)

無双の豪力那太は、毎日この石を持ち上げて体力づくりをしたという。この石を踏んだり、下方に移動したりするとタタリがあるといわれている。

 

大道那太遺物<着物入れとヒツと刀入れ箱> (写真左下)

下は、那太の着物入れで、取り付けられた金物は特に注目され、中国製で琉球を経て入手されたものとみられている。

上は、那太愛用の刀を収納した箱である。材木はイヌマキで、一本木をくりぬいて作られ、刀は、彼の遺言により彼の遺体と供に副葬されたといわれている。

 

大道那太遺物<手水バチ> (写真右下)

那太が使用した手水バチといわれ、旧暦3月14日の那太の祭日と毎月の1・15日はそのハチを洗い清める。以前は、ミーゴー(与論小西方の井戸)の水を使用して水を入れ替えたという。

最終更新日 [2014年2月18日]  
この情報に関するお問い合わせは
与論町教育委員会事務局
電話:0997-97-2441
ファックス:0997-97-4196
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)