与論町教育委員会
   与論町教育委員会TOP  >  文化財  >  与論十五夜踊り 国・町指定重要無形民俗文化財

文化財

与論十五夜踊り 国・町指定重要無形民俗文化財

2014年2月1日(土)

与論十五夜踊り 古くは、「大和踊」とも「里主子美踊」ともいい、毎年旧暦3月、8月、10月の各15日に、城の地主神社に奉納される。

一説によれば、花城世之主が3人の息子たちに、それぞれ、琉球、大島、大和島内の踊りを調べさせ、これらの踊りを組み合わせて永禄4年(1562年)に創始したものという。
この踊りは、島民慰安のためと同時に、島内安穏、五穀豊穣の祈願(雨乞い)、または、感謝の意味を持つ奉納踊である。
踊りは一番組、二番組の二つの踊組合によって、狂言と風流踊が交互に演ぜられ、前者の勇壮と後者の優雅が対照的である。

昭和46年、町の無形民俗文化財の指定を受ける。
平成5年12月13日、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける。

 

◆与論十五夜祭り 詳細

最終更新日 [2014年2月18日]  
この情報に関するお問い合わせは
与論町教育委員会事務局
電話:0997-97-2441
ファックス:0997-97-4196
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)