与論町教育委員会
   与論町教育委員会TOP  >  文化財  >  与論島の生産・生活用具 町指定有形民俗文化財

文化財

与論島の生産・生活用具 町指定有形民俗文化財

2014年2月1日(土)

民具 与論の日用品であり、他の文化財と違って人の手によってできた物で、生活の染み込んだ貴重なものである。農具・漁具・生活用具など1,094点が町指定有形民俗文化財(平成26年2月6日指定)になっている。

 

オーダ(もっこ、運搬具)

用途によって種類がある。

ウンポーダ(芋運搬具)

クサオーダ(草運搬具)

イシオーダ(石運搬具)

 

ユートゥイ(あか汲み)

船底に溜まった海水をかい出すのに用いる木製の道具で、サバニと呼ばれる木製の小型船で利用され、各々の船底の形にあわせてつくられていた。

 

ホロ(疑似餌)

サワラやカツオを対象とする曳き縄につけて用いる疑似餌針。牛の角と鶏の羽根などで作る。

 

アン(網)(木綿製で浮部は杉板、おもり部は宝貝を加工し作製されている)

漁をする際の魚名などに付いてその魚を捕るための網という意味を表す。

例:トゥビイューアン(トビウオ用網)

  アギャーアン(スズメダイ、タカサゴ用の網)等となる。

最終更新日 [2015年3月3日]  
この情報に関するお問い合わせは
与論町教育委員会事務局
電話:0997-97-2441
ファックス:0997-97-4196
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)