総合トップへ
   ホーム  >  姉妹都市  >  錦江町議会 議長 川越太一氏 祝辞

姉妹都市

錦江町議会 議長 川越太一氏 祝辞

最終更新日 [2009年8月7日]  

錦江町議会議長 川越太一氏 平成18年6月7日に開催された、錦江町と与論町の姉妹盟約調印式典。
式典での錦江町議会議長 川越太一氏の祝辞の内容。

 これまでに見たことのない美しい青い海、青い空に囲まれた、この与論町に於いて、与論町と錦江町の姉妹盟約の調印式が行われるにあたり、一言ご挨拶を申し述べさせていただきます。 


 ご承知のとおり、錦江町は田代町と大根占町が合併して新しく誕生した町でございます。これまで与論町と合併前の田代町に於いて姉妹盟約が結ばれて、長い期間、温かい交流に対しまして、改めて心からお慶びと感謝を申し上げたいと存じます。


 合併を機に。与論町との姉妹盟約をどうするかということの相談が議会にございまして、協議いたしましたところ、田代地区選出の議員の方々は是非続けてほしいと強い要望でございました。
 一方、大根占地区選出の議員の方々もこのことを十分理解され、満場一致で姉妹盟約を続けるべきだということで
決定いたしたところでございます。
 そのようなことで、本日ここに、このように大勢の方々のご参列をいただい、かくも盛大に与論町と錦江町との姉妹盟約の調印が行われ、誕生の運びとなりますことに対しまして、心からお慶び申し上げたいと存じます。


 これからすばらしい、長いお付き合いができるものと確信いたしているところでございます。
 錦江町も合併したからと言っても、一万人規模の小さな町でございます。人情豊か、心豊かな町を自称いたしておりますが、人材育成に野元町長も力を入れているようでございます。
 今日の姉妹盟約を機会に、学校における児童生徒の交流、青少年の交流、産業・農業などのそれぞれの立場で交流
を深め、お互いに学習し合い、長期展望に立った友好により、両町の発展につなげることができたら良いのではないかと思っている所存でございます。


 私も、この与論町には初めて訪れましたが、本当に素晴らしい景観に驚いております。
 観光のメッカとして、与論マラソンを始め、様々な催しを計画され、観光行政にも頑張っていらっしゃるようでございますが、これから微力ではありますが、このすばらしい与論町のPRに努めさせていただきたいと思います。
 終わりに、本日の姉妹盟約調印式にあたり、これまでご尽力いただきました南町長さんをはじめ、与論町の関係者の皆様に敬意と感謝を申し上げ、与論町の益々のご発展と、ここにご列席の皆様のご多幸を心からお祈りいたしまして、お祝いの言葉といたします。

 

 

 

平成十八年六月七日
錦江町議会
議長 川越太一

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp