総合トップへ
   ホーム  >  姉妹都市  >  錦江町との姉妹盟約の経緯

姉妹都市

錦江町との姉妹盟約の経緯

最終更新日 [2009年8月7日]  

錦江町との姉妹盟約締結 田代町と大根占町が合併し、錦江町となったために、錦江町と姉妹盟約を結ぶことに。

姉妹盟約の経緯

昭和44年6月7日に、旧田代町と与論町が姉妹盟約を締結し、その後「少年の船」などの様々な交流活動を進めながら、姉妹町としての絆を深めてきた。

 

平成17年3月22日に、旧田代町と旧大根占町との合併により、新町錦江町が誕生した。

このことにより、改めて錦江町と与論町との姉妹盟約を今後どうするか、協議された。

田代地区選出の議員の方々からは、是非続けて欲しいという強い要望があり、大根占地区選出の議員の方々もこのことを十分理解され、満場一致で姉妹盟約を続けるべきだということで決定された。

 

 

錦江町長 野元良一様 あいさつ文より

錦江町議会議長 川越太一様 祝辞より

(広報よろん Vol.260掲載)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp