総合トップへ
   ホーム  >  自然・景観  >  与論島のダイビングスポット 海中宮殿

自然・景観

与論島のダイビングスポット 海中宮殿

2009年8月11日(火)

海中宮殿 与論町茶花沖1kmの水深18mの海底に古代ギリシャ宮殿をイメージした「海中宮殿」が、2003年7月8日完成しました。

ダイビングスポット 海中宮殿

奄美群島日本復帰50周年・町制施行40周年・パナウル王国建国20周年を記念して、1999年から柱1本ずつ(2002年を除く)設置し、本年本殿を設置し完成しました。このスポットには、3m80cmの柱2本と3mの折れた感じの柱1本と直径5m5cm土台に円柱4本柱にドーム型の屋根を乗せた本殿があり、その本殿中央に海の守り神“かりゆし君”の像が鎮座し、神秘的な雰囲気を醸し出していて、ヨロン島のダイビングスポットとしてにぎわっています。

 

海中宮殿で水中結婚式!

2006年8月12日(日)、茶花沖海中宮殿で水中結婚式が行われました。宮崎県都城市在住の上西雅章さん・由貴子さんは、1年前に一緒にダイビングを始めてすぐに、ダイビングにはまったそうです。
2人だけの参列者無の挙式の予定でしたが多くのゲスト(ファンダイビング)に祝福されて嬉しかったと話す。
クマノミやスズメダイなど多くの熱帯魚が二人の結婚式に花を添えます。
この挙式の中心となったヨロンダイビング事業組合では、今後も水中結婚式を受け入れてたいとのこと。

最終更新日 [2009年8月11日]  
この情報に関するお問い合わせは
与論町商工観光課
電話:0997-97-4902
ファックス:0997-97-4610
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp