総合トップへ
   ホーム  >  自然・景観  >  森 瑤子が愛した島

自然・景観

森 瑤子が愛した島

2009年8月11日(火)

森 瑤子 故森 瑤子先生は、ヨロン島をこよなく愛し永眠の場に選んだ。そんな森先生が、ヨロン島とであったのは1987年のことであった。そして、翌年の 1988年には別荘を建て、7月には「アイランド」の初版を出版した。不思議な出逢いである。 著作に「誘惑」「嫉妬」「世にも短い物語」「東京発千夜一夜」「叫ぶ私」などの他に風と供に去りぬの続編である「スカーレット」を翻訳した。

毎年、多くのファンが故森先生の納骨堂を訪れる。
先生の早すぎる死がとても惜しまれるが、先生の残された多くの作品によって勇気付けられ、元気付けられた方々にとっては、先生と同じようにこの島は特別な地でありまた、先生との面影に再会できる場所であろう。
先生は、この島の人と海の美しさにこころを惹かれそして“アイランド”を書き残した。この島で出会った人々は作品の中に名前を変えて登場してくる。
“アイランド”で、女性が憧れる真実の愛・運命の出会いを描くと同時に、本当に伝えたかったものはこの島での暮らし、便利で裕福な生活ではなく心のゆとりのある人間らしい暮らしだったのかもしれない。
アイランドとは2,003年のヨロン島を舞台に、愛の記憶だけを手がかりに再会する恋人達を描く、壮大なスケールのラブロマンスストーリーです。

最終更新日 [2009年8月11日]  
この情報に関するお問い合わせは
与論町商工観光課
電話:0997-97-4902
ファックス:0997-97-4610
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

与論町役場 〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1 Tel:0997-97-3111 Fax:0997-97-4197 kikaku(アット)yoron.jp